【Novelm@ster DS】 恋ではない小さな痛み を反省するよーっ!(一回目)

 【Novelm@ster DS】 恋ではない小さな痛み
 
 
 ニコニコ中毒者となってしばらく、動画制作をしているいろんなPさんのブログなんかを見て、だんだん動画を制作したい、って気持ちがだんだん盛り上がっていく。
 しかしまぁ、二次創作とかしたことないし、とか悩みながらもアイマスDSを中古で購入。だいたい同じころに紙芝居クリエーターダウンロード。
 それから一カ月くらいみっちりゲームをして、8月の初頭にはシナリオの骨組みが決まった。
 
 当初の予定では、
 涼のひとりごち→事務所で絵理との会話→翌日夢子とデート→後日絵理と事務所で会話→帰り道
 と、けっこう長い話を考えていました。

 一番描きたかったことは、好きかも知れないって考えたりする、恋を自覚していないころの心情。
 制作当初からの変更点はストーリーのスリムアップ。
 夢子とのデートシーンは書かずに、帰り道のシーンへとつなげること。
 ほんとは改札でお別れの挨拶のシーンも作る予定で、改札の背景素材まで見つけていながら、話を膨らますことができずに、採用されず。
 りょうゆめデートシーンは上手く想像が膨らまず、というのと、りょうゆめデートとなるといろんなPから影響を受けっぱなしで、自分なりの解釈が持てていなかったので、回避することに。
 それでもデートに行くって話はそのままに、絵理との会話のネタに使って、話を盛り上げることに。
 
 気付かれた人もいるみたいだけど、映画のデートって話に、絵理がホラー?って聞き返すのは、あまえりをデビューまで引っ張ってくれたゆりゆめPの動画へのリスペクトです。
 コメントに、『ああ、L4Dですねw』ってコメントがついたときは、もう何て言っていいかわからないくらい感動しました。

 ※涼がかわいすぎるリスペクト元。
りょうゆめで百合っぽい話2【前編】 

 
 初めは涼の一人称で最後まで描くつもりだったんですが、視点を入れ替えて最後にちょっと絵理のひとりごちを入れたのも企画段階からの大きな変更点です。
 ニコニコでは絵理はドSが定着している中で、自分の解釈したりょうえり観をぶつけていこうとという意図がありました。
 割と甘口で、青春臭のする、ボーイ・ミーツ・ガールで且つ、百合百合しい、これらの要素をごった煮にしてできたのが、恋ではない小さな痛み、です。

 それに、絵理の視点がないと、疑似百合じゃないでしょ?
 
 思い返すと不思議なことで、今でこそガイア教一色に染まっているあまえりですが、制作開始当初はそんなにりょうゆめとりょうえりに大きな差を感じてはいませんでした。
 それと、つい最近まで、あまえりのりょうえりは総理Pの影響を受けてできたものだと思っていたのですが、案外そうじゃないんだなって感じるようになりました。
 
 あまえり的りょうえり観なお話はまたどこかで記事にしたいところ。
 文章であれこれ書くと、自分の考えが整理できるので、いいかなって思ってます。

 動画制作にあたってはあれこれ慣れない作業に苦労するばかり。
 初めは文字送りの機能の付け方する知らなかったんですから。そして重なるアクシデント。動画制作75%ほどまで進んだところで、まさかの外付けHDDさんがお亡くなりになるという緊急事態。進めていた作業はオシャカ。
 あの時は、泣いた。大声あげて、ってことはなかったけど、動画作るほどの時間を取れるのはお盆の時期だけだったから、今と違って何をするにも時間がかかっていたし、お盆をあけると訓練校に塾のバイトに忙しい時期に。
 一度、動画制作を諦めようと思ったくらいショックでしたが、9月になってから気持ちを一変、また少しずつ動画を作りなおし始めました。
 9月といえば、アイマスDS発売一周年でしたし、9月15日までに完成させるんだって意気込んでいましたが、そういう時に限って大事なことが重なってくるもの。
 採用面接、採用模擬授業の予定が決まってもはや動画を作っている場合じゃなくなって、しばらく中断。
 なんとかバタバタと乗り切ったものの、10月からは新しいお仕事を目の前に全く時間の余裕が取れるのかわからないという不安。
 何としても10月までには完成させないと、と毎日用もないのにチェックしていたゆりゆめPのブログと、ニコニコ動画、その他諸々の楽しみをいっさい断って、動画制作に打ち込み、なんとか完成させたもの。
 
 できはけしてよくないものの、いろいろと想いの詰まった一作目ですから、今まで制作した動画の中で一番気に入っているものでもあります。

 次回は反省会二回目として、コメントと一緒に動画を振り返って、「恋ではない小さな痛み」の反省を終わらせたいと思っています。
 ではでは~

Post a comment

Private comment

No title

処女作はドキドキしますよね。
僕も投稿した後、みんながどんな反応をするかドキドキしてましたw
しかし、そんなトラブルに見舞われても動画を完成させたのは凄いですね!
もうあまえりPはニコマスPになる運命だったのです!

これからも頑張ってくださいね。
あと、動画を紹介してくださってありがとうございますw

お返事

ゆりゆめさんのブログも僕をニコマスへと導いたものの一つです。
動画制作工程の記事を見て、動画作りに興味をひかれましたから。
少しでもいいものを描けるように、頑張っていきたいものです
Profile

クラニツァール(あまえり)

Author:クラニツァール(あまえり)
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.