夢子さんの衣装つくったよ~

 なんで? 今のことろ出番ないでしょ?
 ほんと、なんでなんでしょうね?
 
 漫画版DSの衣装の再現を目指してできたものです
20110331_160538_984.jpg


ゆめこDa

 ちょっとは上達したでしょうか?
 昔は上手くなったら架空戦記ろだスレに出て行くんだって夢を語っていたころが僕にもありました。
 まぁ、なんだ、化け物ぞろいのところでものを披露できるほどの技術はないしなぁ
 
 今のところ自作でまともなのはこの夢子さんと、絵理の私服くらいかな。
 
 使いたいって方がいらしたら気軽に声をかけてください。ってこんなところで細々と言っていてもなぁ……
 リクエストがありましたら、作りますよ。
 
 あと、夢子さんの制服衣装、すでに作っている人がいました。
 ……泣いてもいいよね?
 

今日の制作物

 使う予定もないのに、せっせと自作グラを作る……。
 今回は絵理の私服だが、

20110327_163844_880.png
 
 どんなものでしょうか?
 そのうちノベで使いたいけど、はたして出番はあるのか?
 
 昨日の夢子さんと合わせてみた。
 20110327_162704_325.png
 
 修羅場トリオ? いえ、仲良しグループです。
 いろいろとイメージはあるので、少しずつでも形にしていければいいなぁ、って思ってます。

上達したいが、なかなかうまくはいかないもの

 衣装グラを自作できるようになりたいと、せっせと練習中です。
 あんまり上手くいかないものだから、正直投げてしまいたいんですけど、今のところこういうこと頼めるような人いないから、まだ諦めてなるものか、と頑張っています。
 まぁ、昨日の晩あたりはもうあきらめようって考えていたんですけど、諦めの悪い性格みたいなので……
 
 でぃあー・my・ふれんど、の時の制服夢子さん
20110326_161159_627.png

 今日お昼いろいろといじった後の制服夢子さん
20110326_160013_904.png
 
 少しは上達しているでしょうか?
 ひとまず、あきらめずにもう少し頑張ってみますよ

新作投稿しました。

【Novelm@ster DS】ハンバーグはあまくちで


 若干後悔しているとかないから、きっと大丈夫だから……。何が、大丈夫なんでしょうね。
 いや~、ほんとうに愛ちゃんがいてよかった。
 
 前回ほどじゃないにしろ、BGMに苦労しました。結局良く使うものに落ち着いちゃったし。
 艶っぽいBGMをもっと仕入れないとなぁ……
 
 最後に一言、「えろくないっ!!」

【Novelm@ster DS】 恋ではない小さな痛み を反省するよーっ!(一回目)

 【Novelm@ster DS】 恋ではない小さな痛み
 
 
 ニコニコ中毒者となってしばらく、動画制作をしているいろんなPさんのブログなんかを見て、だんだん動画を制作したい、って気持ちがだんだん盛り上がっていく。
 しかしまぁ、二次創作とかしたことないし、とか悩みながらもアイマスDSを中古で購入。だいたい同じころに紙芝居クリエーターダウンロード。
 それから一カ月くらいみっちりゲームをして、8月の初頭にはシナリオの骨組みが決まった。
 
 当初の予定では、
 涼のひとりごち→事務所で絵理との会話→翌日夢子とデート→後日絵理と事務所で会話→帰り道
 と、けっこう長い話を考えていました。

 一番描きたかったことは、好きかも知れないって考えたりする、恋を自覚していないころの心情。
 制作当初からの変更点はストーリーのスリムアップ。
 夢子とのデートシーンは書かずに、帰り道のシーンへとつなげること。
 ほんとは改札でお別れの挨拶のシーンも作る予定で、改札の背景素材まで見つけていながら、話を膨らますことができずに、採用されず。
 りょうゆめデートシーンは上手く想像が膨らまず、というのと、りょうゆめデートとなるといろんなPから影響を受けっぱなしで、自分なりの解釈が持てていなかったので、回避することに。
 それでもデートに行くって話はそのままに、絵理との会話のネタに使って、話を盛り上げることに。
 
 気付かれた人もいるみたいだけど、映画のデートって話に、絵理がホラー?って聞き返すのは、あまえりをデビューまで引っ張ってくれたゆりゆめPの動画へのリスペクトです。
 コメントに、『ああ、L4Dですねw』ってコメントがついたときは、もう何て言っていいかわからないくらい感動しました。

 ※涼がかわいすぎるリスペクト元。
りょうゆめで百合っぽい話2【前編】 

 
 初めは涼の一人称で最後まで描くつもりだったんですが、視点を入れ替えて最後にちょっと絵理のひとりごちを入れたのも企画段階からの大きな変更点です。
 ニコニコでは絵理はドSが定着している中で、自分の解釈したりょうえり観をぶつけていこうとという意図がありました。
 割と甘口で、青春臭のする、ボーイ・ミーツ・ガールで且つ、百合百合しい、これらの要素をごった煮にしてできたのが、恋ではない小さな痛み、です。

 それに、絵理の視点がないと、疑似百合じゃないでしょ?
 
 思い返すと不思議なことで、今でこそガイア教一色に染まっているあまえりですが、制作開始当初はそんなにりょうゆめとりょうえりに大きな差を感じてはいませんでした。
 それと、つい最近まで、あまえりのりょうえりは総理Pの影響を受けてできたものだと思っていたのですが、案外そうじゃないんだなって感じるようになりました。
 
 あまえり的りょうえり観なお話はまたどこかで記事にしたいところ。
 文章であれこれ書くと、自分の考えが整理できるので、いいかなって思ってます。

 動画制作にあたってはあれこれ慣れない作業に苦労するばかり。
 初めは文字送りの機能の付け方する知らなかったんですから。そして重なるアクシデント。動画制作75%ほどまで進んだところで、まさかの外付けHDDさんがお亡くなりになるという緊急事態。進めていた作業はオシャカ。
 あの時は、泣いた。大声あげて、ってことはなかったけど、動画作るほどの時間を取れるのはお盆の時期だけだったから、今と違って何をするにも時間がかかっていたし、お盆をあけると訓練校に塾のバイトに忙しい時期に。
 一度、動画制作を諦めようと思ったくらいショックでしたが、9月になってから気持ちを一変、また少しずつ動画を作りなおし始めました。
 9月といえば、アイマスDS発売一周年でしたし、9月15日までに完成させるんだって意気込んでいましたが、そういう時に限って大事なことが重なってくるもの。
 採用面接、採用模擬授業の予定が決まってもはや動画を作っている場合じゃなくなって、しばらく中断。
 なんとかバタバタと乗り切ったものの、10月からは新しいお仕事を目の前に全く時間の余裕が取れるのかわからないという不安。
 何としても10月までには完成させないと、と毎日用もないのにチェックしていたゆりゆめPのブログと、ニコニコ動画、その他諸々の楽しみをいっさい断って、動画制作に打ち込み、なんとか完成させたもの。
 
 できはけしてよくないものの、いろいろと想いの詰まった一作目ですから、今まで制作した動画の中で一番気に入っているものでもあります。

 次回は反省会二回目として、コメントと一緒に動画を振り返って、「恋ではない小さな痛み」の反省を終わらせたいと思っています。
 ではでは~

5作目の動画投稿しました。

【Novelm@ster DS】でぃあー・my・ふれんど


これ、水谷絵理誕生祭用に作った動画なんですけど、
うん、けっこうな遅刻です。
言い訳しようにも、理由もないし、そのうちきっちり反省します。


今後の予定としては、りょうえり動画をできれば今月までに完成させたいです。
あと、このブログで、一作目「【Novelm@ster DS】 恋ではない小さな痛み」を反省していこうと思っています。

アイマス動画を投稿するに至るまでの経緯 その2

動画制作に至るまでの大きな転機となったのは、台詞枠Pさんの動画に出会ってからです。

【ノベマス】涼しき後に雪は降りて 第1話【りょうゆき】


投稿日は2010年04月10日となっているから、動画を視聴したのは4月の半ばのころだったかと思う。
一週間ぐらいしたころに、続編が上がって、一人舞い上がった覚えがあるので、4月の20日前後のことかな。

うん、なんというか、奈落の底まで真っ逆さまに堕ちて行った感じというか、僕の中でニコニコ動画の位

置づけが大きく変わった瞬間でした。
なにこのかわいい二人っ!!

サッカーM@sterで、涼を見たときは、男の子なんだ、それで?
ってえらく淡白なというか、拒否反応は全くなかったけれど、特に気にとめてもいなかったんですけど、今回は随分惹かれました。

涼しき後に雪は降りてシリーズでは、男の娘要素というよりは、純粋に男の子として目を惹くものがありました。

恋心に突き動かされるようにして、自分の殻を破ろうとする少年。
見ていて、ついつい応援したくなる、かわいらしさがたまらない。

そして、立ちふさがるのは、疑似百合という高い壁。

二人がそれぞれに抱えている都合や理由のために、次の一歩を踏み出せ切れないものだから、もどかしくもあり、ニヤニヤ展開がずっと続く……。疑似百合のいいところですね。

ともあれ、“涼しき後に雪は降りて”を見て以来、すっかりNovelsM@sterにはまってしまって、休日になるとほとんど一日中、作品発掘にいそしむように……。

ものの見事にニコニコ中毒患者が一人出来上がりました。

ほんとにね、どうしようもねぇな。
特にゴールデンウィークの時期とか、とにかくニコニコ三昧でした。

新しい動画を発掘するのには、タグ検索で次の三つのキーワードを中心に展開してました。
疑似百合M@s 秋月涼 雪歩

雪歩タグのはノベル系より、PVのほうが多くて、うまくノベル動画を発掘できなくて、
はるゆき、たかゆき、のノベマスをいくつか発掘したのと、アイマスMADのお祭りKAKU-tail Partyにいきついたくらいか。

秋月涼タグの動画はノベル動画をいつくも発掘できたし、876プロのこととか、アイマスDSの舞台背景や基本的な設定なんかも、動画を見ながら少しずつ理解していった。

思い出すと、動画を見始めたころは、尾崎さんのことも知らなかったし、サイネリアに至っては同じゲームのキャラと認識していなかったくらいだ。
一番ではないが、特に影響の大きかった動画が総理Pのシリーズものだ。

りょうえりコミュ1


りょうえりコミュ・りょうえりメモリーシリーズ
いま思い返してみると、このシリーズってゲームをやったことある人しかわかりにくい個所がいくつかあると思う。
ドSな絵理が涼をいじり倒す、という内容で、この動画の影響でガイア教徒を自認するようになったくらいだが……
多分、りょうえり、という枠組みを発見した、というのが最大の収穫だったのかもしれない。

この後、りょうえりタグで動画を漁るようになったものの、意外に数が少ないというか……涼には、正妻とも呼ばれる桜井夢子という仲良しキャラクターがいて、“りょうえり”よりも“りょうゆめ”のほうが主流だったわけだ。
マイナー好きが、またマイナーカップリングに惹かれたんだと理解した。
そもそも、入りは“りょうゆき”だったわけだし……。


疑似百合M@sタグ検索の結果は……。まぁ、恐ろしくニッチな方向性なのでたくさん動画を発掘するには至らず……、
その代わり、すっごい大物と出会ってしまったみたい。

ゆりゆめPの『りょうゆめで百合っぽい話を書いてみた』だ。


夢子のモノローグを主体に綴られたお話は、はっきり言ってしまえば実に地味だ。
いや、きっと地味って褒め言葉なんだって。
大きな事件があるわけでもなく、実に丁寧に日常を描きだしている。
夢子の心情がダイレクトに伝わってくるのもたまらない。
大笑いするようなシーンもないのに、ぐっと引き寄せられるような文章。

そして、涼が異常にかわいい

悔しいけど、惚れ込んだ。

百合っぽい話は、初め見たときはさらっと見流したけど、見返せば見返すほどに深みにハマっていくようでした。


台詞枠Pさんの用意した落とし穴の恐ろしいところは、とってもニッチで供給者の少ない疑似百合というシチュエーションにあると思う。
疑似百合M@s動画を見尽くして、待てど暮らせどなかなか増えない。
ましてや、疑似百合でりょうえり、となると……。
瑞穂Pの【Novelm@ster DS】 今はまだナイショ 【涼×絵理】くらいだろうか?
明らかに供給不足だっ!!

いや、まぁ、だからこそ、動画制作へと誘導されていったんですけど。
見る専に徹していたのになぁ……。
気がつけば、876プロを中心にとにかくアイマスDSキャラ好きになってましたしね。

台詞枠Pの動画で、疑似百合に出会い
総理Pの動画で、りょうえりへと導かれて
ゆりゆめPの動画を見ながら、だんだん自分も作ってみようと思うようになっていきました。

資料として、手始めにアイマスDSのゲームを買い、
紙芝居クリエーターをダウンロードして……

でも、ほら二次創作とかしたことなかったから……
いろいろと抵抗あるし……

とか思いながら一カ月ほど。結局細々と動画を作り始めたのでした……
Profile

クラニツァール(あまえり)

Author:クラニツァール(あまえり)
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.